2018年8月5日 週報

0
    「山に登り、木を運んで来て、宮を建てよ。そうすれば、わたしはそれを喜び、 わたしの栄光を現わそう。主は仰せられる」ハガイ1:8



    「その後、神である主は、土地のちりで人を形造り、その鼻にいのちの息を吹き込まれた。そこで、人は、生きものとなった。」 (創世記2:7)


    「人とは、何者なのでしょうか?」と言う命題はつねに人が問うてきたものであります。フランスの画家ゴーギャンは「われわれはどこから来たのか?われわれは何者なのか?われわれはどこへ行くのか?」と題する絵を描いた後、自殺を試みました。彼は「人間とは何者であるか」の本質的問いを絵で表現しましたが、彼自身納得のいく答えを見いだせなかったようです。
    進化論の人間観は明らかであって、生命の偶然の誕生と長い時間の経過の後に虫が高等な脳を持つ人間となったということで、その脳の働きが精神活動を生じさせていると言うことです。さらに、脳は肉体の一部であり、肉体の死はすべての人間活動の終わりとなるのです。霊的命の存在と活動はなく、死と共にすべての存在は終わるのです。人生には、特定の目的、使命などはなく、それぞれの個人によってどう生きるか、人生とは何かを決定できるとするのが進化論的人生観です。ダ―ウイン自身はそこまで考えていたかどうかわかりませんが、J.ハックスリー、ヴォルテール、ニーチェ、サルトルetc.の哲学者たちによって進化論的人間観は広がったのです。医学の進歩によって脳の研究、解明が進んで、人の精神活動の解明も進んでいます。その中で人の精神的な要素が体の状態にも大きく影響することが分かってきました。
    では、聖書は何と教えているのでしょう。人間のいのちは、創造主によって神ご自身の「かたち/本質」に似せて創造され、初めから人間として存在していると教えています。下等な動物による進化ではなく、神のかたちを持つ尊い存在として始まったのです。創世記2章7節では、さらに詳しく、肉体は土のちり(赤い土アダマ)で形造られ、その肉体の中に「いのちの息(ニシマット)」が吹き込まれて「人は生きるもの(ネフェシュ/魂)となった。」と宣言されているのです。ここで根本的人間観が啓示されています。人は肉体のいのち(バイオス)と神の霊(息)の吹き込みによって、霊的いのち(ゾォーエー)を持つものとして存在するようになったのです。
    この霊的いのちは永遠に存在し、人間の精神活動の源となり、人間全体のコントロールセンターとしての働きをしているのです。


    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM