2018年9月30日 週報

0
    「山に登り、木を運んで来て、宮を建てよ。そうすれば、わたしはそれを喜び、 わたしの栄光を現わそう。主は仰せられる」ハガイ1:8





    「…主を恐れかしこみ、聖霊に励まされて前進し続けたので、信者の数がふえて行った。」 (使徒9:31)

    2018年度の前半が今日で終わり、これからは年度の後半を迎えることとなります。今年は「教会の飛躍」の実現、そして「新会堂の実現」を標語として励んでおります。
    創立50周年をきっかけとして、以前から祈ってまいりました「新会堂建設」への祈りも一層強く願われ、新会堂建設の特別献金、ペットボトル献金、その他の献金も続けており、ホワイト先生を通してご家族や米国のクリスチャンによる献金も捧げられ、当面の目標金額を目指して前進していますことに感謝です。
    しかしながら、この周辺で200坪以上の土地を確保し、200人以上の人々が収容できる会堂を建設するのには、さらなる建設費の必要や運営費を必要とするのも現実であります。礼拝堂の狭さ(結婚式や葬儀等)、二階への階段、トイレの数、教室や交わりの空間、さらには専用の駐車場など、誰もが新しい会堂の必要を認識くださっておられることでしょう。
    そのために、一層の「教会の飛躍」が必要とされています。初代教会は100名ほどの信者を基として、エルサレムで誕生しましたが、間もなくユダヤ当局の弾圧でエルサレムからユダヤ、ガリラヤ、サマリヤへと信徒が移動したのですが、迫害の中にあっても信者たちは恐れず、福音を証しし、そのことを祈り続けたのです。
    教勢が今の倍になれば、新会堂建設はさらに大きく前進していくことでしょう。
    第一の礼拝だけでなく、第二、祈り会(水・木)いずれも、人々で溢れるようになっていかなければなりません。ある一人のご高齢のクリスチャンが語られています。「私にとって礼拝出席が唯一出来る奉仕です。」まことに、奉仕の第一歩を語って下さいました。教勢はどのようにして、前進するのでしょうか。
    その第一歩は今いる会員が一つでも多くの集会にともに集まること、そして、祈り、賛美し、交わることを続けていくことです。日本の教会の残念な点は名簿にはたくさんの人々が記入されていても実際の礼拝には集われていない現実です。教勢はまず内側から整えていかなければなりません。


    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM