2018年12月2日

0
    「山に登り、木を運んで来て、宮を建てよ。そうすれば、わたしはそれを喜び、 わたしの栄光を現わそう。主は仰せられる」ハガイ1:8



    「きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。」(ルカ2:11)

    「平成」という称号が今年度で最後となります。今上天皇が来年に退位され、来年の5月に皇太子様が新しい天皇となられるので、元号が変わるのです。明治、大正、昭和、そして平成と天皇が変わることで元号が変わってきました。この元号は日本のみで通じることで対外的には、世界共通の西暦が使われるのです。元号はその国の指導者の即位と関係しているように、西暦の起源となっているキリストの誕生も特別な人であることを示しているといえましょう。私たち日本人も「イエス・キリストとは何の関係もありません」と言うわけにはいきません。
    イエスはユダヤ人として大工ヨセフの子として生まれました。彼の誕生場所は宮殿ではなく、家畜小屋(馬の飼い葉桶)でした。生まれた時の環境は世界中に知られるような人物となるようなものではありませんでした。しかも、ユダヤの有名なラビ(教師)の下で学んだ経歴もありません。
    なぜ、多くの点でユダヤ人の一人にすぎないのに、キリスト教という新しい教えの集団を生み出し2000年以上、迫害の中で消滅することなく続けることが出来たのでしょうか。
    それは、「イエスの教えの素晴らしさ、旧約聖書を正しく説き明かし、数々の奇蹟を行い、その最大の奇蹟は、死からの復活であります。この奇蹟的復活によって、十字架上の死は、全人類のための贖罪の死であることが証明されたのです。彼は正に、旧約聖書の父なる神と同等、同質の神であることが明らかに示されました。人間は誰一人、死に打ち勝つことが出来ません。世に登場してきたいかなる偉大な指導者、哲学者、宗教家は死によって終わりました。教えとして影響が残されたとしても、死に打ち勝つ人物としては、主要な教義ではありません。
    イエスキリストは「私はよみがえりです。いのちです。」と主張し、その教えは広がったのです。イエスの生涯、十字架上の犠牲、復活は神の存在、その力と愛を現したのです。


    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM