2019年 2月3日 週報

0
    「信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。」へブル11:6



    「神様の祝福の原理(8)」―主に信頼する者―

    「あなたの道を主にゆだねよ。主に信頼せよ。主が成し遂げてくださる。」(詩篇37:5)

    日本では養子縁組が少なく、沢山の身寄りのない子供たちが施設で暮らしていると言われています。生んだ親に養育してもらえない…。虐待されて傷つけられたり、いのちを奪われるという悲劇が起こっており、このような出来事を見聞きすることは本当に悲しいことです。
    日本人は血縁を重んじるので、なかなか養子を迎える人が少ないと言われていますが、それだけではなく、法の壁もあり、特別養子縁組は6歳未満に決めなければならないという高い壁もあるようです。
    新しい年を迎えて、自然環境、社会環境は益々厳しくなり、心の不安、生活に不安を覚える人々が増加して来ているのではないでしょうか。「力の強い者を支配する」原理はアダムの堕落以降、今日まで全く変わることがありません。ですから、力ある者との闘争は常に続き、平和も実現せず、つねに弱い者の苦しみも存在し続けているのではないでしょうか。そのような世の中にある人々に神は、神の祝福の原理の中で幸いに生きる道を示して、その道を歩むようにと語られているのです。
    人は誰であっても、キリストに在って「神の子」とされる特権に与れるのです。正に、キリストに在って神の家族の養子(ホ フィオス トゥー セオー)とされました。キリスト者は、キリスト(神の独り子)と共同相続人とされているのです。神と子との関係を回復し、神の特別な愛の対象となり、神の守りと養い、そして、神の息子としての特別な役割が一人一人のキリスト者に与えられています。この素晴らしい真理に気づかず、ただ自己中心的な生き方で、より強い者となり、弱い者を支配する生き方を追求しようとしてはいないでしょうか。そこでは争いや満たされない思い、そして不安は尽きることがありません。
    神の子とされていることの素晴らしさを知り、確信しようではありませんか。神との対話をより親しく、多くの時間を持ち、どのような試練の中にあっても、すべてのことを益としてくださる神を信頼し、すべてのことをゆだねる者となりましょう。「ゆだねる(エピリプトー/投げ出す)
    「あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。」(汽撻謄蹌機В掘


    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM