2019年4月14日 週報

0
    「信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。」へブル11:6



    「なぜなら、神は、お立てになったひとりの人により義をもってこの世界をさばくため、日を決めておられるからです。そして、その方を死者の中からよみがえらせることによって、このことの確証をすべての人にお与えになったのです。」(使徒17:31)

    未来学者の一人、アルビン・トフラー(米国籍、ユダヤ人)は人類史における三つの革命に言及しています。第一は農業革命(狩猟採集社会から農耕社会)第二は産業革命(大量生産、大量消費)、そして第三番目は脱産業社会(情報化社会、IT革命)です。
    確かに人々の生活スタイルは、常に変化してきました。一つの方向からはそれを進歩前進、改善と言えるかもしれません。無神論進化論者はこのような革命による進歩を進化に置き換えて「進化」によって人類は理想世界を目指し実現できると考えてきました。様々なことで息詰まると戦争が起こり、事態を力で変え、解決を図ってきたのではないでしょうか。
    最近の様々の犯罪は、情報手段を使っての盗み、詐欺、いじめ、性的不品行等々が行われておりますが、形は変わっても人の貪欲さは今も昔も変わっていません。
    教育が普及して、経済的に豊かになっても争い、盗みはなくなりません。タイから日本の高齢者たちに電話を掛け詐欺をしていた人々が逮捕されました。
    福音(良い知らせ)の第一歩は、キリストの身代わりの死(贖罪)であります。人が罪ある者であり、誰一人自分の力で、努力で罪に打ち勝つことが出来ないことは明らかとなりました。
    聖書の神は、罪を必ず裁かれる正義のお方であられます。十字架は、すでにキリストが身代わりとなって罪の罰の代価を払ってくださったことを示すのです。さらに、復活によって十分な確かな代価が支払われたことの保証となりました。十字架の苦しみのような殉教者は数多く登場しましたが、キリスト以外、誰一人、復活されたお方はおられません。福音はキリストの復活の歴史的事実の上に成り立っている教えであり、世界に広がった理由がそこにあるのです。復活は神の裁きと復活の希望を確かなものとしたのです。


    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM