2019年8月11日 週報

0
    「信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。」へブル11:6



    「地の果てのすべての者よ。わたしを仰ぎ見て救われよ。わたしが神である。ほかにはいない。」 (イザヤ45:22)

    74年前の8月6日と9日に人類史上初めての原爆が投下され、広島と長崎で、23万人以上のいのちが奪われました。さらに50万人近い人々が被爆の苦しみの中で生涯を過ごされているのです。毎年、この時期になると広島、長崎から核廃絶のメッセージが発信されていますが、依然として多くの課題が残されています。
    すでに衆知のことでありましょうが、原爆開発にかかわった科学者の大半がユダヤ系の人々でありました。原爆開発の物理学研究は初めヒットラーによってドイツで始まりましたが、ユダヤ人迫害で多くの科学者はイギリスに亡命して、チャーチルの下で研究が進んでいました。アインシュタインはアメリカに直接亡命しましたが…。チャーチルは厳しいドイツとの戦争で十分な資金もなく、直接アメリカのルーズベルトの自宅を訪れ、科学者と研修資料を託すので、アメリカで、この研究開発を行うようにと強く求めユダヤ人科学者もドイツへの投下を考え協力したと言われています。
    1941年10月から始まり、12月に太平洋戦争がはじまりました。1941年11月、マンハッタン計画はユダ系アメリカ人ロバート・オッペンハイマーを委員長として、ニューメキシコ州、ロスアラモス研究所で始まり、1945年7月に初めて実験に成功し、翌月広島、長崎に投下されました。1939年にドイツから亡命してきたユダヤ人科学者レオ・シラードがナチスの下で原爆が開発されていることを恐れ、アインシュタインを介して、ルーズベルトに書簡を送り、米国での開発を強く促しました。この秘密裏に行われていた研究は、スターリンと通じる科学者によって、すべての進捗状況がソ連に伝わっており、日本に投下されること、日本敗北が近いことを知っていたと言われており、ソ連は日ソ不可侵条約を破棄して、8月8日に満州進攻をはじめました。
    ここで皆様に知っていただきたいことは、なぜこのような歴史的重大事に、ユダヤ人が深くかかわっているのかということです。彼らは最大の戦争の被害者であり、時として、原因ともなっているのです。今日でも、軍産複合体支配にユダヤ人が関わっていると言われています。
    聖書の最大のメッセージは、万物の創造主、唯一の神が存在しておられ、人間は誰であってもこの神を神として崇拝することであり、まことのいのちと道、平和は、この神を神として認め、受け入れることによるとのメッセージです。ユダヤ人の存在はあなたにとって良くても悪くても神の存在を気づかせるためのしるしであるのです。


    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM