2019年9月15日 週報

0
    「信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。」へブル11:6



    「幸いな人(9)−感謝と賛美と喜び−」

    「彼らは年老いてもなお、実を実らせ、みずみずしく、おい茂っていましょう。」(詩篇92:14)

    日本人の平均寿命は世界一で、平均健康寿命もシンガポールに次いで第二位です
    。 この傾向はさらに進み、人生100歳時代が来るとも言われています。「アブラハムは平安な老年を迎え、長寿を全うして息絶えて死に、自分の民に加えられた。」(創世記25:8)とあるように、長寿は神の祝福であるとの教えがございます。長寿を全うしたアブラハム、ヤコブ、そしてモーセも召される瞬間まで神のしもべとして現役で仕えていたと聖書は語っています。
    私たちの教会には80歳以上の会員の方々が16名も属しておられ、その多くの方々が、礼拝者として、毎日曜日に集っていただいていますことは、なんと素晴らしい祝福でありましょうか。教会も開拓よりすでに半世紀以上過ぎ、世代交代を実現させ、さらなる発展を願っていますが、これらの祝福は、長年、教会の中核的役割を果たしてくださった兄姉の皆様の犠牲的、献身的祈りと奉仕があったことの故であることを忘れてはなりません。
    しかしながら、信仰者生活は、生涯現役であります。奉仕の役割は常に変化し、移り変わるのでありましょうが、神は一人一人に生きる目的、使命を与えて下さっていますので、どのような長寿となっても、主に在って生きがいを持ち、長寿を全うしていきたいものです。
    人にとって間違いないことは、いずれ、この地上のいのちには終わりが来ることです。「武士道とは、死ぬ覚悟を見つけたり。」との言葉が日本では語り伝えられてきましたが、キリスト者の覚悟とは、いのちをあきらめる覚悟ではありません。救い主キリストの復活という歴史的事実を確かな拠り所とする、死ぬ覚悟、永遠のいのちへの確かな希望によって死に対峙する覚悟であります。
    詩篇の記者は真の神を知る人々は、あらゆる場合にも感謝する心を持ち、その感謝は神への賛美となり、心は喜びであふれると詩い、そのような人々は年老いてもなお、実を実らせ、みずみずしいと神を信頼する長寿者の生き様を描写いたしました。 心より敬老をお喜び申し上げます。


    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM