2019年9月29日 週報

0
    「信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。」へブル11:6



    幸いな人(11)―実を結ぶ人々

    「その人は、水路のそばに植わった木のようだ。時が来ると実がなり、その葉は枯れない。その人は、何をしても栄える。」 (詩篇1:3)

    6月の梅雨前に駐車場の草を刈りました。そして、2週間前にも草刈りを行いました。わずかな時間で雑草が伸びてしまうのです。
    どうしてこんなにも早く成長するのでしょう。
    主な2つの理由が考えられます。第一は、その雑草にはいのちがあるからです。造花の草花であれば、しばらくの期間完成されている状態を保つでしょうが、大きくなったり、繁殖して増えひろがることはありません。いのちあるものは、本来、日に日に大きく成長するのです。いのちがなければ成長することはありません。もう一つの理由は、いのちを成長させる、命の最も大切な要素である水が十分にあって供給されるからです。雨が降らず大地が乾燥すると、雑草は大きくならず、多くは枯れてしまうのです。 詩篇第一篇では詩篇全体のテーマが謳われていると考えてよいでしょう。それは、「幸いな人(アシュレー ハ イーシュ)」であります。幸いな人(その人)は「時が来ると実がなり、枯れず、栄える。」と約束されているのです。
    その人が、「水路のそばに植わった木」にたとえられていることが分かります。
    「いのちがある」というのは体のいのちのことでしょうか?いいえ、まことのいのち、霊的ないのちのことです。人は、肉体の誕生のままでは霊的には死んでいるのです。(エペソ2:1)。パリサイ派の教師であるニコデモにイエスは「新しく生まれ変わる」必要を説かれました。神の子として生まれている者は必ず成長するのです。神様からの多くの祝福としての実を結ぶのです。しかし、いのちがあってもいのちの源である水路のそばに植わっていなければならないように、神様から離れていては実を豊かに結ぶことはないのです。
    あなたの結ぶ多くの実はあなた自身の喜び以上に人々の喜びとして用いていただきましょう。


    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM