2019年10月27日 週報

0
    「信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。」へブル11:6



    幸いな人(13)―二つの願いー

    「二つのことをあなたにお願いします。私が死なないうちに、それをかなえてください。不信実と偽りとを私から遠ざけてください。貧しさも富も私に与えず、ただ、私に定められた分の食物で私を養ってください。」(箴言30:7−8)

    「健康に良い!」と聞くと、多くの人々が関心を持つと言われています。食べ物、運動、サプリメント、様々な治療、環境等々。 アメリカで肥満にならないようにと脂肪分を少なくした食べ物が売り出され、とても人気となったのです。いわゆるダイエット用の食べ物、飲み物、“fat-free”に安心して大食いして太ってしまったという笑い話があります。
    何事でも偏ると良い結果は得られません。安全や健康にはバランスが大切ではないでしょうか。考え方や生き方、信仰生活の在り方にも偏りは常に危険です。もちろん“熱くもなく冷たくもない”という生ぬるさを教え、勧めることではありません。熱心になり過ぎないで、ほどほどにと言うことでもありません。真理に対して、情熱をもって生きることはとても大切なことで、良い実を結ぶために、忍耐して歩み続け、走り続けることも大切であります。
    箴言にはとても実際的な知恵が教えられています。その中で“二つの願い”という話があります。それは「不真実と偽りから遠ざかることと、貧しさも富を与えないように」という願いです。“偽りは”いつまでたっても人を正しい所には導いてはくれませんし、ついに禍の真ん中に至ることとなるでしょう。神は真理であられるので、不真実や偽りは人を真の神から遠ざけることとなります。
    又、貧しさも富も人を神から遠ざけ、神への感謝が出来なくなるのです。多くの犯罪が貧しさの中で行われ、人を益々貧しくするでしょう。貧しさの中から頑張って栄光を現わされる人もおられますが、わずかです。富は大きな力を持っており、人は富める者となると神を忘れてしまうのが、人間の弱さであります。
    バランスのある生き方は健全な信仰生活にとって必要であります。


    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM