2019年12月8日 週報

0
    「信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。」へブル11:6



    「神、その道は完全。…。」(競汽爛┘襭横押В械院

    冨岡昌先生夫妻がバングラディシュ医療宣教を始められてから28年、今、その働きは豊かな実を結んでおられます。教会には200人以上の人々が集まり、スタッフも20人以上の人々が奉仕され、クリスチャンスクール、バイブルスクール、村での伝道が50〜60カ所へと広がりを見せています。イスラム(ムスラム)教徒が90%という国で、この素晴らしい祝福はどのようにして実現できたのでしょうか。先生が証しされているように、これは主のご計画であり、主の御業であります。主の御言葉の通り、主はご自身を信頼し、従うものを必ず豊かに祝福してくださるのです。
    教会成長の原則は明らかであり、どの時代、どのような環境におかれていても、いかにしてキリストの弟子として主に仕える者が生み出されるかであります。中国においてはさらに宣教は困難であります。政府は教会を積極的に弾圧しようとしているからです。そのような中でどのようにして教会は宣教を拡大しているのでしょうか。それは“キリストの弟子”が数多く生まれるからです。キリストの弟子とは伝道者、宣教師になるということではなく、どのような生活スタイルであっても、キリストを第一として生きようとする人々のことです。バングラディシュの環境で医療や教育は大きな必要があると思われました。先生は、医療で働く人々をすべてキリスト者であり、教会の奉仕者となるべく、即ち、キリストの弟子となるように訓練されました。又、それと並行して医療で働く家庭の子供たちを教育するために、クリスチャンスクール、その後のバイブルスクールを進行させ、弟子作りをされてこられました。そこではクリスチャンホームの建設強化も行われているのです。今ではクリスチャンスクールを卒業した人々の中から教師も誕生しています。勿論、このことを実現させるのには米国のバプテスト・ミド・ミッションの諸教会によるサポートが与えられていることも重要でしょう。これからも、これらの支援は重要な鍵です。私たちの教会においても、そして日本の宣教においても大切な点は、いかにしてキリストの弟子を多く生み出せるかです。個人の信仰に期待するだけでなく、キリストの弟子を生み出せるような環境作りをしていく必要があるのではないでしょうか。教会主催でクリスチャンが働ける場を生み出していく。幼児教育(教会の強さは宣教師との関連で語学、英語、中国語等々にあります。)、学習塾、看護や高齢者福祉のサポート等々。すでにこれらは行われてきましたが、やはり働く人々への弟子訓練が十分ではなかったこと、そして日本の歴史的弱点はキリスト教が家庭に浸透しなかったことにあります。


    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM