2020年2月16日 週報

0
    「キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです。」 (ピリピ3:14)



    「人の子が来るのは、ちょうど、ノアの日のようだからです。洪水前の日々は、ノアが箱舟にはいるその日まで、人々は、飲んだり、食べたり、めとったり、とついだりしていました。」  (マタイ24:37−38)

    新型コロナウイルスが世界中に広がり感染者が6万人を超え、死者も1000人以上となっています。
    今、日本で一番の関心事は、豪華客船によるクルーズを楽しんでいた方々に感染が広がり、船自体が隔離状態に置かれていることです。豪華客船での優雅さと、感染による隔離生活とは、正に対照的な状態と言えましょう。
    イエス様の教えの中で「目を見張っていなさい。」と語られ、「人の子が来るのは、ちょうどノアの日のようだからです。」との教えがあります。
    神(万物の創造)を見失った人々は、神の愛や正義について全く関心を払わなくなりました。強い者が支配し、弱い者が苦しみながら次第に、よりよい世界へと発展するであろう、あるいは、自然淘汰によって、より良いものが残されていくだろうと信じていました。
    しかし、聖書には創造主なる神が、世界の主権者として、支配しておられること、あまりの人間の堕落、腐敗のゆえに大洪水をもって人類を裁かれたという記録が残されているのです(創世記6章―9章)。さらに、このノアの大洪水による全能者の介入は、救い主(メシヤ/キリスト)の再臨によって神の国を樹立されることへの警鐘と関連付けられたのです(競撻謄蹌魁法
    IT革命によって世界は飛躍的に便利になり、豊かになったにもかかわらず、目に見えないウイルスに脅かされ、一つの地域から、わずかな時間で世界中に広がり、すべての人々の往来が制限され、経済活動が停滞しています。ヒューマニストにとって、進歩すべき社会なのに、突然の自然の驚異によって人々の生活は一変し、ウイルスの広がりによって混乱が生じています。
    イエスが語られた「目を見張っていなさい。」を正しく受け止めて、偽りの預言者に惑わされることなく、キリストの証人として輝き続けましょう。


    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM